10

宝暦治水、平田靭負翁終焉の地、『美濃大牧』で薩摩義士の遺徳を学ぶ

薩摩義士のお話を聞いて、 そのゆかりの地を巡ろう

『住みなれし里も今更名残りにて立ちぞわづらふ美濃の大牧』難工事の責任を取って家老平田靭負翁が自害された大牧役館跡や、ゆかりの天照寺などを巡ります。工事直前の宝暦揖斐川決壊、昭和伊勢湾台風牧田川決壊。養老町池辺地区は義士との不思議なご縁と熱い感謝が続く土地です。
資料館がある天照寺には今でも毎年島津家ご当主がお参りされます。
260年余り経った今の私たちが豊かで平和に暮らせる事のご恩と感謝の気持ちを新たにしませんか。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
水谷田鶴子(みずたに たづこ)先生

牧田川堤防が決壊した伊勢湾台風の前年に天照寺に嫁がれてきた水谷先生。
天照寺を中心に薩摩義士の慰霊、語り部として熱い活動をされています。
今でもたくさんの方が訪れ、ご縁が深い天照寺でしか伺えないお話に涙されています。

集合場所

天照寺

〒503-1273

岐阜県養老郡養老町根古地218-12

9:45に受付開始

駐車場:無料有

申し込み・問い合わせ先

実施スケジュール

第1回

実施日時
2017/10/07(土) 10:00 〜 12:00
予約開始
2017/08/14 09:00
予約終了
2017/09/30 17:00
料金
500円
定員
7 / 20 人
最少催行
5人